「黄色いキリストのある自画像」 《原画同寸》

38 x 46 cm (フレームは含まない) 《原画同寸》
油絵用キャンバスに【高精細デジタルプリント】で原画の持つ微妙な色彩と質感を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。

「黄色いキリストのある自画像」 《原画同寸》

価格:

47,250円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1890-91年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:38 x 46 cm パリ、オルセー美術館蔵


!フレームもお忘れなく!

 (左はノイエ・シャンパンゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由に選んで頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお選び頂けますので、きっと貴方のお気に入りの絵に相応しいものが見つかるでしょう。
フレーム選択ページへは上のフレーム写真をクリックして下さい。



ポール・ゴーギャン(1848年6月7日 - 1903年5月9日)は、フランスのポスト印象派の最も重要かつ独創的な画家の一人。「ゴーガン」とも表記・発音される。

1886年以降、ブルターニュ地方のポン=タヴェンを拠点として制作した。ベルナール、ドニ、ラヴァルらの画家のグループをポン=タヴェン派というが、ゴーギャンはその中心人物と見なされている。ポン=タヴェン派の特徴的な様式はクロワソニズム(フランス語で「区切る」という意味)と呼ばれ、単純な輪郭線で区切られた色面によって画面を構成するのが特色である。

1888年には南仏アルルでゴッホと共同生活を試みる。が、2人の強烈な個性は衝突を繰り返し、ゴッホの「耳切り事件」をもって共同生活は完全に破綻した。

西洋文明に絶望したゴーギャンが楽園を求め、南太平洋(ポリネシア)にあるフランス領の島・タヒチに渡ったのは1891年4月。しかし、タヒチも彼が夢に見ていた楽園ではなかった。タヒチで貧困や病気に悩まされたゴーギャンは帰国を決意し、1893年フランスに戻る。叔父の遺産を受け継ぎ、パリにアトリエを構えるが、絵は売れなかった。(この時期にはマラルメのもとに出入りしたこともある。) 一度捨てた妻子に再び受け入れられるはずもなく、同棲していた女性にも逃げられ、パリに居場所を失ったゴーギャンは、1895年には再びタヒチに渡航した。

タヒチに戻っては来たものの、相変わらずの貧困と病苦に加え、妻との文通も途絶え希望を失い、死を決意した。こうして1897年、遺書代わりに畢生の大作『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』を仕上げた。しかし自殺は未遂に終わる。最晩年の1901年にはさらに辺鄙なマルキーズ諸島に渡り、地域の政治論争に関わったりもしていたが、1903年に死去した。

死後、西洋と西洋絵画に深い問いを投げかける彼の孤高の作品群は、次第に名声と尊敬を獲得するようになる。
(ウィキペディアよりの引用を含む)

ページトップへ