《 イエール川のカヌー 》

画寸 46 x 60 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 で原画の持つ色彩を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用していますので色褪せません。

《 イエール川のカヌー 》

価格:

52,500円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1877年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:88.9 x 116.2 cm アメリカ、ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵


!貴方の絵に相応しい高級オーダー・フレーム(額縁)を豊富に御用意しております!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお選び頂けますので、きっと貴方のお気に入りの絵に相応しいものが見つかるでしょう。
上のフレーム写真をクリックして 【フレーム選択ページ】 へどうぞ。



ギュスターヴ・カイユボット(1848年 - 1894年)

ブルジョワ階級の出身で自身も裕福であり、印象派の作品の収集家としても知られる。 印象派展のグループ展には、1876年の第二回から、第六回と第八回以外に参加した。
富裕な衣料製造業者の子として、パリ10区のフォーブル・サン・ドニ通りに生まれ、のち8区のマルゼルブ大通りに移った。
1857年(9歳)、ルイ=ル=グラン高等中学に入り、1870年、法律学校を卒業して法律免許を得た。その頃からレオン・ボナの画塾に通い、1873年、パリ国立美術学校に入学したが、あまり登校しなかった。1974年、ドガ、モネ、ルノワールらを知った。1875年の官展に『床削りの人々』を持ち込んだが、「粗野」を理由に拒否された。
1878年(30歳)、分割相続した家産により、画業に専念し、モネ、ルノワール、ピサロ、シスレー、ドガ、セザンヌらの作品を買うなどして、画家達を経済的に助けられる様になった。印象派美術展開催の費用も提供し、自らも第1回(1874年)・第6回(1881年)・第8回(1886)を除く、第2回(1876年)・第3回(1877年)・第4回(1879年)、第5回(1980年)・第7回(1982年)の会に自作を複数点出品した。また、購入済みの友人らの作品を展示用に貸し出した。彼の作品には、浮世絵、写真術、友人らの画風の影響などが見られるという。パリ南西郊のイエール川畔を題材にした作品が多いのは、幼少時からそこで夏を過ごしたからである。

1881年(33歳)、パリ西北郊、セーヌ川畔のプティ・ジュヌヴィリエに敷地を求め、1888年から永住した。1882年以降は画を公表せず、園芸、ヨット作り、切手収集などに凝った。ルノワールが繁く訪れた。ジヴェルニーの温室で、モネと蘭を育てもした。
1894年(45歳)、園芸作業中、肺鬱血により没し、パリのペール・ラシェーズ墓地に葬られた。シャルロッテ・ベルティエと愛人関係にあったが、結婚はしなかった。
ピサロ、モネ、ルノワール、シスレー、ドガ、セザンヌ、マネの、計68点を、フランス政府に遺贈する気でいたが、当時印象派絵画はまだ『日陰者』で、ルノワールの2年間の折衝の後、政府は漸く38点を受け入れた。現在はオルセー美術館へ移管されている。カイユボット自身の作品は、1950年台になって子孫が漸く市場に出した。

代表作
床を削る人々(床の鉋かけ、床削り) (1875年) (オルセー美術館)
パリの通り、雨(パリの街角、雨) (1877年) (シカゴ美術研究所)
バルコニーの男(窓辺の若い男) (1875-76年) (個人所蔵)
ヨーロッパ橋 (1877年) (プティ・パレ美術館)
(ウィキペディア)

ページトップへ