《 ムーラン・ルージュのラ・グーリュ 》

画寸 70 x 51 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 で原画の持つ色彩を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用していますのでいつまでも色褪せません。

《 ムーラン・ルージュのラ・グーリュ 》

価格:

54,600円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1891-92年 ボードに油彩 オリジナル・サイズ:79.4 x 59 cm アメリカ、ニューヨーク近代美術館蔵


!貴方の絵に相応しい高級オーダー・フレーム(額縁)を豊富に御用意しております!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお選び頂けますので、きっと貴方のお気に入りの絵に相応しいものが見つかるでしょう。
上のフレーム写真をクリックして 【フレーム選択ページ】 へどうぞ。



アンリ・ド・トゥルーズ=ロートレック(ロトレック)(Henri de Toulouse-Lautrec, 1864年11月24日 - 1901年9月9日)は、19世紀のフランスの画家。日本では慣習的に「ロートレック」で呼ばれるが、正しくは「トゥルーズ=ロートレック(ロトレック)」でひとつの姓である。

南仏のアルビで生まれる。トゥールーズ=ロートレックの生家は、フランスの名家であり、伯爵家である。祖先は9世紀のシャルルマーニュ時代まで遡る事ができる。父のアルフォンス伯は、奇妙な服装をするなど、変わり者で有名であった。
トゥールーズ=ロートレックは、幼少期には「小さな宝石(プティ・ビジュー、仏: Petit Bijou)」と呼ばれて家中から可愛がられて育ったが、13歳の時に左の大腿骨を、14歳の時に右の大腿骨をそれぞれ骨折した為に脚の発育が停止し、成人した時の身長は152cmに過ぎなかった。胴体の発育は正常だったが、脚の大きさだけは子供のままの状態であり、現代の医学者はこの症状を骨粗鬆症や骨形成不全症といった遺伝子疾患と考えている。脚の不自由だった彼は、しばしば疾走する馬の絵を描いている。
1882年にパリに出て、当初はレオン・ボナの画塾で学んだが、間も無くして画塾が閉鎖された為、モンマルトルにあったフェルナン・コルモンの画塾に移り、以後は晩年まで同地で活動する様になった。なお、コルモンの画塾ではファン・ゴッホ、エミール・ベルナールらと出会っている。絵画モデルであった、マリー=クレマンチーヌ・ヴァラドン(後のシュザンヌ・ヴァラドン)のデッサンの才能を高く評価し、彼女が画家となるきっかけを作った。彼女をシュザンヌと呼び始めたのもトゥールーズ=ロートレックである。

画家自身が身体障害者として差別を受けていた事もあってか、娼婦、踊り子の様な夜の世界の女たちに共感。パリの「ムーラン・ルージュ(赤い風車、仏: Moulin Rouge)」を始めとしたダンスホール、酒場などに入り浸り、デカダンな生活を送った。そして、彼女らを愛情のこもった筆致で描いた。作品には「ムーラン・ルージュ」などのポスターの名作も多く、ポスターを芸術の域にまで高めた功績でも美術史上に特筆されるべき画家であり、「小さき男(プティ・トム、仏: Petit Homme)、偉大なる芸術家(グラン・タルティスト、仏: Grand Artiste)」と形容される。彼のポスターやリトグラフは日本美術から強い影響を受けており、自身のイニシャルを漢字の様にアレンジしたサインも用いた。
アブサンなどの長年の飲酒により体を壊した上、梅毒も患ってトゥールーズ=ロートレックは次第に衰弱していった。サナトリウムに短期間滞在した後の1901年8月20日にパリを発って母のもとへ行き、同年9月9日、自邸のマルロメ城で母に看取られ脳出血で死去した。36歳。城の近くのヴェルドレに埋葬された。
なお、トゥールーズ=ロートレックを扱った映画としては1952年のアメリカ映画『赤い風車』、1999年のフランス映画『葡萄酒色の人生』などがある。海岸で排泄をしている写真が現存する。(ウィキペディア)

ページトップへ