《 青い服を着た婦人の肖像 》

画寸 60 x 51 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 で原画の持つ微妙な色彩と質感を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
作品表面は紫外線対策コーティングされていますのでいつまでも色褪せません。

《 青い服を着た婦人の肖像 》

価格:

54,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1770-1780年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:76 x 64 cm サンクト・ペテルブルグ、エルミタージュ美術館蔵


!貴方の絵に相応しい高級オーダー・フレーム(額縁)を豊富に御用意しております!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由に選んで頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお選び頂けますので、きっと貴方のお気に入りの絵に相応しいものが見つかるでしょう。
上のフレーム写真をクリックして 【フレーム選択ページ】 へどうぞ。



トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough, 1727年5月14日 - 1788年8月2日)

18世紀のイギリスの画家。1727年、ロンドン北東のサフォーク地方にあるサドベリに生まれた。
ゲインズバラは今日でこそ優れた肖像画家として知られ、生涯に700点以上の肖像画を残しているが、故郷サフォークの風景や自然をこよなく愛した彼が真に描きたかったのは風景であり、「肖像画は金の為に、風景画は楽しみの為に描く」と言っていたと伝えられる。事実、彼の代表作である『アンドルーズ夫妻像』では、モデルの夫妻の姿は画面の向かって左端に追いやられ、キャンバスの右半分は、アンドルーズ夫妻の領地である田園風景の描写に費やされている。
風景画家としてのゲインズバラは、後のコンスタブルなどに多大な影響を与えている。しかし、ゲインズバラ自身は「金の為に」嫌々ながら描いていたと言う肖像画の中にも多くの傑作があるのは事実である。特に代表作の『グレアム夫人像』にみられる流麗なタッチ、若き貴婦人の侵しがたい気品と威厳を描き尽くした表現力は、他の追随を許さないものである。

代表作
青衣の少年(1770)(カリフォルニア州サンマリノ、ハンティントン・ライブラリー)
アンドルーズ夫妻(1748-49頃)(ロンドン、ナショナルギャラリー)
ピーター・ウィリアム・バーカー婦人の肖像 (1781) フリック・コレクション(ニューヨーク)
(ウィキペディアより)

ページトップへ