《 道路沿いの家々 》

画寸 49 x 60 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用しています。

《 道路沿いの家々 》

価格:

54,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1881年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:60 x 73.5 cm サンクト・ペテルブルク、エルミタージュ美術館蔵


!貴方の絵に相応しい高級オーダー・フレーム(額縁)を豊富に御用意しております!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお好きなものをお選び頂けます。
上のフレーム写真をクリックして 【フレーム選択ページ】 へどうぞ。



ポール・セザンヌ(1839年1月19日 - 1906年10月22日(10月23日説もある)

当初はモネやルノワール等と共に印象派のグループの一員として活動していたが、1880年代からグループを離れ、伝統的な絵画の約束事にとらわれない独自の絵画様式を探求した。セザンヌはモネら印象派の画家達と同時代の人物だが、ポスト印象派の画家として紹介される事が多く、キュビスムをはじめとする20世紀の美術に多大な影響を与えた事から、しばしば「近代絵画の父」として言及される。後進への手紙の中で「自然を円筒、球、円錐として捉えなさい」と書き、この言葉が後のキュビスムの画家たちに大きな影響を与えた。彼の肖像はユーロ導入前の最後の100フランス・フラン紙幣に、その作品と共に描かれていた。

1860年代以前
1839年、ポール・セザンヌは裕福なブルジョワ家庭の息子として南フランスのエクス=アン=プロヴァンスに生まれた。父のルイ=オーギュストは、フェルト帽子の製造販売で財を成し、後には自らの銀行を設立した商売人であった。この父の仕送り(後には遺産を受け継ぐ)があったおかげで、セザンヌは経済的な心配をせずに画業に専念できたのだが、父との間には後年まで確執があった。
セザンヌは、後に自然主義文学の代表的作家となったエミール・ゾラと、エクスの中学で出会った。パリ生まれのゾラはエクスではよそ者で、級友から除け者にされていた。ある時セザンヌがゾラに親しく話しかけた為、級友と喧嘩になる。その翌日、ゾラはセザンヌにリンゴを1籠贈り、これが縁で親友になったというエピソードがある。

1859年、セザンヌは父の意向でエクス大学の法学部にしぶしぶ入学したが、法律の勉強にはなじめず、地元のデッサン教室の夜間コースに通い始め、次第に大学の勉強を怠ける様になった。友人のゾラはすでにパリに戻っていたが、絵の道に進むかどうか迷うセザンヌに、ゾラは早くパリに出てきて絵の勉強をする様にと繰り返し勧めている。ゾラからセザンヌ宛ての手紙には「勇気を持て。まだ君は何もしていないのだ。僕らには理想がある。だから勇敢に歩いて行こう」「僕が君の立場なら、アトリエと法廷の間を行ったり来たりする事はしない。弁護士になってもいいし、絵描きになってもいいが、絵具で汚れた法服を着た、骨無し人間にだけはなるな」とあった。結局セザンヌは大学を中退し、1861年4月にパリに出て、アカデミー・シュイスで絵の勉強をする。同年秋にはいったんエクスに戻って父の経営する銀行に入るが、翌1862年11月にはパリに戻り、アカデミー・シュイスでの勉強を再開する。ロマン主義のウジェーヌ・ドラクロワ、写実主義のギュスターヴ・クールベ、後に印象派の父と呼ばれるエドゥアール・マネらから影響を受けていた、この時期(1860年代)の作品は、ロマン主義的な暗い色調のものが多い。

1865年頃に「カフェ・ゲルボワ」の常連たち(後の「印象派」グループ)と知り合い、特に9歳年長のカミーユ・ピサロと親しくなった。1869年、後に妻となるオルタンス・フィケ(当時19歳)と知り合い後に同棲するが、厳格な父を恐れ1872年に長男ポールが誕生した後も彼女との関係を隠し続けた(発覚後、父は激怒したという)。

1870年代(印象主義の時代)
1872年にはポントワーズで、1873年にはオーヴェル=シュル=オワーズでピサロと共にイーゼルを並べて制作した。この時期にピサロから印象主義の技法を習得してセザンヌの作品は明るい色調のものが多くなった。1874年の第1回印象派展に『首吊りの家』など3作品を出品し、その後1877年の第3回展にも出品した。しかし、1878年頃から時間と共に移ろう光ばかりを追いかけ、対象物の確固とした存在感が等閑にされがちな印象派の手法に不満を感じ始め、同時期から印象派の他のメンバーとの交流が少なくなり、制作場所もパリを離れ故郷のエクス=アン=プロヴァンスに戻した。

1880年代
1880年代には、主にエクス=アン=プロヴァンスの周辺で制作を続け、この時期から規則的な筆触を用いて対象物を再構築するという独特の制作手法が現れ始めた。 初めてサロン(官展)に入選したのは43歳(1882年)の時である(出品したのは1866年に制作された『画家の父』である)。この時、セザンヌは友人の審査委員に頼み込み、やっとの思いで入選を果たしたという(ゾラとの絶交はこの不正が原因という説もある)。
1886年、ゾラの小説『制作』が自分を中傷していると感じ、ゾラと絶交した。内縁の妻と正式に結婚したのはようやくこの年の事であった。その半年後、父親が亡くなった為、遺産を相続し、サント・ヴィクトワール山などをモチーフに絵画制作を続けた。経済的な不安はなかったものの、絵はなかなか理解されなかった。

晩年
1895年、アンブロワーズ・ヴォラールの画廊で初個展を開き、一部の若い画家たちから注目され始めた。 1900年にパリで開かれた万国博覧会の企画展である「フランス美術100年展」に他の印象派の画家たちと共に出品し、これ以降セザンヌは様々な展覧会に積極的に作品を出品する様になった。1904年から1906年までは、まだ創設されて間もなかったサロン・ドートンヌにも3年連続で出品した。 「自然を円筒、球、円錐によって扱いなさい」というフレーズは、1904年4月15日付けのエミール・ベルナール宛ての書簡に出てくるものである。このフレーズは後のキュビスムに影響を与えたものだが、セザンヌの真の意図については諸説ある。
1906年10月15日に野外で制作中に大雨に打たれ肺炎にかかり、同年10月22日(または10月23日)に死去した。
彼の「絵画は、堅固で自律的な再構築物であるべきである」という考え方は、続く20世紀美術に決定的な影響を与えた。(ウィキペディア)

ページトップへ