《 オルフェウスとエウリュディケ 》

画寸 60 x 52 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 で原画の色彩を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用しています。

《 オルフェウスとエウリュディケ 》

価格:

54,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1864年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:127.3 x 110 cm ロンドン、レイトン・ハウス博物館蔵


!貴方の絵に相応しい高級オーダー・フレーム(額縁)を豊富に御用意しております!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお好きなものをお選び頂けます。
上のフレーム写真をクリックして 【フレーム選択ページ】 へどうぞ。



初代レイトン男爵フレデリック・レイトン (1830年12月3日 - 1896年1月25日)

ノース・ヨークシャーのスカボローで、輸出入専門業を営む一家に生まれた。ロンドンのユニヴァーシティー・カレッジ・スクールで教育を受けた。エドヴァルト・フォン・シュタインルとジョヴァンニ・コスタに教わる。24歳の時にフィレンツェへ行き、ヨーロッパ初の絵画を教える機関であったアカデミア・ディ・ベッレ・アルティ(現在のアカデミア美術館)で学んだ。彼はボルゴ・アッレグリを通し、チマブーエの聖母の行列を描いた。1855年から1859年はパリで暮らし、そこでドミニク・アングル、ウジェーヌ・ドラクロワ、コロー、ジャン=フランソワ・ミレーと出会った。
1860年、ロンドンへ転居し、ラファエル前派のグループと交流した。1861年、彼はロバート・ブラウニングの依頼で、フィレンツェのイギリス人墓地にあるエリザベス・ブラウニングの墓碑をデザインした。1864年、彼はロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの会員となり、1878年から1896年まで会長職にあった。1877年の彫刻作品『パイソンとレスリング選手』は、現代イギリス彫刻の復興が始まったと考えられ、ニュー・スカルプチャー(19世紀後半のイギリス彫刻の運動)と称された。彼の絵画は1900年のパリ万博でイギリス展示の象徴とされた。
1878年にウィンザーで最下級勲爵士位を授けられた。同年レジオン・ドヌール勲章オフィシエ受賞。1886年には準男爵となった。1889年、彫刻でローマ賞を受賞。同年にフランス学士院会員となった。1896年の新年の受勲者リストでは、画家で最初の貴族に列せられた。(シュロップシャーの)『ストレットンのレイトン男爵』の爵位が1896年1月24日に授けられた。彼は翌1月25日、狭心症の発作で急死した。
彼は生涯独身であった為、僅か1日で、彼の死後に男爵家は断絶した。これは貴族であった最短期間記録である。ロンドンのホランド・パークにあった彼の家は、レイトン・ハウス美術館となった。ここには彼の彫刻と同様に、絵画の多くが収められている。(ウィキペディア)

ページトップへ