《 オフィーリア 》

画寸 47 x 70 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用しています。

《 オフィーリア 》

価格:

59,400円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1851-2年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:76.2 x 111.8 cm ロンドン、テイト・ギャラリー蔵


!貴方の絵に相応しい高級オーダー・フレーム(額縁)を豊富に御用意しております!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお好きなものをお選び頂けます。
上のフレーム写真をクリックして 【フレーム選択ページ】 へどうぞ。



ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829年6月8日 − 1896年8月13日)

1829年、イングランド南部のサザンプトンに生まれる。幼少時から絵の才能に恵まれ、ロンドンのロイヤル・アカデミー付属美術学校には最年少で入学を許可された。1848年、ロイヤル・アカデミーの学生であったウィリアム・ホルマン・ハント(William Holman Hunt, 1827年−1910年)、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti, 1828年−1882年)らと共に「ラファエル前派」(Pre-Raphaelite Brotherhood)を結成した。「ラファエル」とはイタリア・ルネサンスの巨匠であり、西洋古典絵画の代名詞とも言える画家ラファエロの事を指す。「ラファエル以前」という言葉には、当時(19世紀)のアカデミーにおける古典偏重の美術教育に異を唱える意味があった。ラファエル前派に思想的な面で影響を与えたのは、同時代の思想家であり美術批評家であったジョン・ラスキンであった。ラスキンの美術に対する考えは、一言で言えば「自然をありのままに再現すべきだ」という事であった。この思想の根幹には、神の創造物である自然に完全さを見出すというラスキンの信仰がある。しかし、明確な理論をもった芸術運動ではなかったラファエル前派は長続きせず、1853年にミレーがロイヤル・アカデミーの準会員になった事などをきっかけとして、数年後にはグループは解散した。

ミレー『ローリーの少年時代』、油彩、1870年ミレーはその後ロイヤル・アカデミーの総裁に上り詰め、「サー」の称号を得ている。代表作『オフィーリア』は、1862年のロイヤル・アカデミー展に出品したもので、シェークスピアの『ハムレット』のヒロインを題材にしたものである。川の流れに仰向けに浮かぶ少女のモデルは、仲間の画家ロセッティの妻エリザベスである。夏目漱石の小説『草枕』にこの絵に言及した箇所がある事はよく知られる。(ウィキペディア)

ページトップへ