《 放蕩息子の帰還 》

画寸 54 x 60 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用しています。

《 放蕩息子の帰還 》

価格:

54,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1667-70年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:236.3 x 261 cm ワシントンD.C、ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵


!貴方の絵に相応しい高級オーダー・フレーム(額縁)を豊富に御用意しております!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお好きなものをお選び頂けます。
上のフレーム写真をクリックして 【フレーム選択ページ】 へどうぞ。



バルトロメ・エステバン・ムリーリョ(1618年1月1日 - 1682年4月3日)

甘美な聖母像や、愛らしい子どもの絵で知られる、スペイン絵画の黄金期である17世紀を代表する画家である。 スペイン南部のセビリャに生まれる。14人兄弟の末子で、幼い頃に両親を亡くし、姉夫婦の元で育てられたというが、その名声に比して伝記の細かい部分には不明点が多い。一時期マドリードに移住したという説とこれを否定する説があるが、いずれにしても生涯の大部分をセビーリャ周辺で過ごしている。1682年にカディス(セビーリャ南方の海辺の町)の修道院で制作中、足場から転落した事が原因で死去したという。
スティロ・バポローソ(薄もやの様式)と称される、画面全体が薄もやに覆われた様な夢幻的な作風は、1670年頃からの晩年の作品に顕著である。聖母マリアの純潔性を表した『無原罪のお宿り』を題材とした絵を何枚か残しているが、特にセビーリャ美術館に所蔵されている作品の、夢見る乙女の様なマリア像と彼女を取り巻く可憐な小天使達のイメージは、次の世紀のロココ美術を先取りしている感がある。疫病で亡くしてしまった自分の子供達を愛しむかの様に、子供を描いた絵も多数残している。ぼろをまとった貧しい少年達をありのままに描いた風俗画にも傑作がある。 (彼は子供を次々と5人もペスト等で亡くし、6人目の娘も耳が聴こえなかった為、その娘を思い最高傑作の無原罪のお宿りを描いた)(ウィキペディア)

ページトップへ