《 午後のサン・オノレ通り、雨の効果 》

画寸 60 x 48 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用しています。

《 午後のサン・オノレ通り、雨の効果 》

価格:

54,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1897年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:81 x 65 cm マドリッド、ティッセン・ボルネミッサ美術館蔵


!貴方の絵に相応しい高級オーダー・フレーム(額縁)を豊富に御用意しております!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお好きなものをお選び頂けます。
上のフレーム写真をクリックして 【フレーム選択ページ】 へどうぞ。



カミーユ・ピサロ(1830年7月10日 - 1903年11月13日)

デンマーク領アンティル諸島セント・トーマス島(現・アメリカ合衆国自治領ヴァージン諸島)にポルトガル系ユダヤ人の家庭に三男として生まれる。現地のユダヤ教礼拝堂に提出された出生届けには「ジャコブ・ピザロ」(Jacob Pizarro)と記載されたが、後に「カミーユ・ピサロ」と正式に訂正された。両親はボルドーからこの地に来て商売をしていた。少年時代をこの島で過ごしたピサロは1841年、11歳の時フランスに渡り、寄宿舎制の学校に通うが、1847年再び帰郷。しばらくは家業を手伝っていたが、画家志望を断ち切り難く、1855年に再びフランスに戻った。

ピサロは、パリ万国博覧会の美術展でコローやクールベの作品に感銘を受けたという。特にコローの作品には感動したらしく、実際にこの先輩画家の下を訪れたりもしている。パリでは画塾アカデミー・シュイスに学び、そこでモネと知り合う。1860年代にはパリ近郊のルーヴシエンヌ、ポントワーズなどで、モネ、ルノワールらと共に戸外にキャンバスを持ち出して制作した。1870年には普仏戦争を避けてロンドンへ渡り、現地で落ち会ったモネと共にターナーらの作品を研究した。
ピサロは印象派展には1874年の第1回展からグループとして最後の第8回展(1886年)まで、毎回参加しており、計8回の印象派展に欠かさず出品した、唯一人の画家である。
印象派の画家の中では最年長者であったピサロは温厚な性格だった様で、画家仲間の信望が厚く、ゴッホやセザンヌらの若い世代の画家を大いに励ましていたという。生来気難しく、人付き合いの悪かったセザンヌさえもピサロを師と仰ぎ、しばしば共同制作をしていた。ピサロは1885年頃からシニャックの影響で点描画法を試みている。晩年はパリ郊外のエラニーに住み、風景だけでなく、農村を舞台にした人物画を多く描く様になった。

息子リュシアン・ピサロ(1863年-1944年)も画家・木版画家。

代表作
テアトル・フランセ広場(1898)(ロサンゼルス郡立美術館)
(ウィキペディア、他)

ページトップへ