《 夜警 》

画寸 49 x 60 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用しています。

《 夜警 》

価格:

54,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1642年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:379.5 x 453.5 cm オランダ、アムステルダム国立美術館蔵


!貴方の絵に相応しい高級オーダー・フレーム(額縁)を豊富に御用意しております!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお好きなものをお選び頂けます。
上のフレーム写真をクリックして 【フレーム選択ページ】 へどうぞ。



レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン(1606年7月15日-1669年10月4日)

単にレンブラントと呼ばれる事も多い。油彩だけでなく、エッチングや複合技法による銅版画やドローイングでも知られる。生涯を通じて数多くの自画像を描いた。

1606年ライデンに生まれ、1631年アムステルダムに移る。「トゥルプ教授の解剖講義」(1632年)で名声を得る。「夜警」(1642年)も集団肖像画の傑作とされる。しかし、私生活では最初の妻を早く亡くし(1642年)、愛人の女性から婚約不履行で訴えられるなど、トラブルが続いた。浪費癖もあった様で、多額の借金を抱えてやがて返済不能に陥る(1656年)。晩年は息子にも先立たれ、困窮のうちに亡くなり、共同墓地に葬られたという。また、レンブラント自身は色盲であったともいわれている。

20世紀後半に研究が進み、かつてレンブラント作とされた作品の中に「工房作」のものが多く含まれている事が判ってきた。工房といっても、画家の下絵を弟子が仕上げていくといった分業体制ではなく、レンブラント工房の場合は、弟子がレンブラントの画風に従って制作しており、レンブラントが手を入れる事はなかった様である。 作品の一点(ないし複数の点)に暗闇に鋭く差し込む様な光線が当てられ、その部分を強調すると同時に暗闇の部分を逆に強調する手法が特徴である。その為、光の画家と呼ばれる事もある。生き生きとしたドラマチックな描写が見る者を画面に引き込むかの様な魅力がある。(ウィキペディア)

ページトップへ