《 桟敷席 》

画寸 60 x 48 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 で原画の色彩を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用しています。

《 桟敷席 》

価格:

54,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1874年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ: x cm 、美術館蔵


!貴方の絵に相応しい高級オーダー・フレーム(額縁)を豊富に御用意しております!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお好きなものをお選び頂けます。
上のフレーム写真をクリックして 【フレーム選択ページ】 へどうぞ。



ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841年2月25日 - 1919年12月3日)

長男のピエールは俳優、次男のジャンは「どん底」や「大いなる幻影」で有名な映画監督。
(後期から作風に変化が現れ始めたので稀に後期印象派の画家とされる事もある。)

フランス中南部のリモージュにて生まれる。3歳の時、一家でパリに移住する。13歳で磁器の絵付職人となるが、産業革命、機械化の影響は伝統的な磁器絵付けの世界にも影響し、職人としての仕事を失なったルノワールは画家を目指した。1862年にはエコール・デ・ボザール(官立美術学校)に入学。のちグレールのアトリエ(画塾)に入り、モネ、シスレー、バジールらと知り合っている。
印象派展には1874年の第1回展から出品している。他の印象派の画家たちと同様、風景画も制作したが、特に人物を好んで描き、裸婦像、少女像などを得意とした。1870年代から1880年代初頭にかけての作品は典型的な印象主義の作風によるもので、『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』(1876年)、『舟遊びの人々の昼食』(1880−1881年)などがこの時期の代表作である。 しかし、ルノワールは、1880年代前半頃から、光の効果に溺れ、形態を見失った印象派の技法に疑問を持ち始める。1881年のイタリア旅行でラファエロらの古典に触れてからはこの懐疑はさらに深まった。この時期、特に1883年頃からの作品には新古典派の巨匠アングルの影響が顕著で、明快な形態、硬い輪郭線、冷たい色調が目立つ。

1890年代に入ると、ルノワール本来の暖かい色調が戻り、豊満なヌードを数多く描いた。 1898年頃からリューマチ性疾患に悩まされ、晩年は車椅子で制作を続けた。ただし、「指に筆をくくりつけて描いた」というのは伝説の域を出ない様である。 ルノワールは日本にも早くから紹介され、その親しみやすい画風の為か愛好者も多い。また、梅原龍三郎をはじめ多くの画家に直接・間接に影響を与えている。
『青い帽子の少女』は、日本文教出版の、中学生の美術の教科書に載っている。 (ウィキペディアよりの引用を含む)

ページトップへ