《 ビィの小さな草地 》

画寸 48 x 60 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用しています。

《 ビィの小さな草地 》

価格:

54,000円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ: x cm 、美術館蔵


!貴方の絵に相応しい高級オーダー・フレーム(額縁)を豊富に御用意しております!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお好きなものをお選び頂けます。
上のフレーム写真をクリックして 【フレーム選択ページ】 へどうぞ。



アルフレッド・シスレー(1839年10月30日 - 1899年1月29日)

パリ生まれで生涯の大半をフランスで過ごしたが、国籍はイギリスである。父親はパリで造花の輸出業をしていた。

シスレーは1857年から1861年までロンドンで商売の修業をするが、1862年には画家を志望してパリに戻る。同年グレールのアトリエ(画塾)に入り、モネ、ルノワールらと知り合った。彼らと共に戸外で主に風景画を制作し、1874年の第1回印象派展にも出品している。1874年の7月から10月にかけてイギリスに滞在した後、フランスに戻り、セーヌ河流域のルーヴシエンヌ、マルリ=ル=ロワ、ヴヌ=ナドン、モレ=シュル=ロワン、レ・サブロンなどを転々として風景を描き、1899年モレ=シュル=ロワンで没し、モレ墓地に埋葬される。
シスレーの900点近い油彩作品のうち大部分は、パリ周辺の風景を題材にした穏やかな風景画で、人物、室内画、静物といった他のジャンルは全て合わせてもおそらく20点に満たない。他の印象派の画家の多くが、後に印象派の技法を離れたなかで、シスレーは終始一貫、印象派画法を保ち続け、最も典型的な印象派の画家といえる。1900年頃、アンリ・マティスがカミーユ・ピサロに会った際、マティスが「典型的な印象派の画家は誰か?」と尋ねると、ピサロは「シスレーだ」と答えたという。(ウィキペディア)

ページトップへ