「スター、舞台の踊り子」 《原画同寸》

画寸 58.4 x 42 cm (フレームは含まない) 《原画同寸》
油絵用キャンバスに【高精細デジタルプリント】で原画の持つ微妙な色彩と質感を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。

「スター、舞台の踊り子」 《原画同寸》

価格:

52,500円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1876年頃 パステル オリジナル・サイズ:58.4 x 42 cm パリ、オルセー美術館蔵


!フレームもお忘れなく!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由に選んで頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお選び頂けますので、きっと貴方のお気に入りの絵に相応しいものが見つかるでしょう。
フレーム選択ページへは上のフレーム写真をクリックして下さい。



エドガー・ドガ(1834年7月19日 - 1917年9月27日)

フランスの印象派。フルネームはイレール・ジェルマン・エドガー・ドガ。
1834年、パリに銀行家の息子として生まれる。「ドガ」(de Gas)という貴族風の苗字を持つが、ドガ家はフランス革命後に勢力を伸ばした新興ブルジョワで、エドガー・ドガの生まれた頃にはさほど裕福ではなかったらしい。 ドガは1855年、エコール・デ・ボザール(官立美術学校)でアングル派の画家ルイ・ラモートに師事した。1856年、1858年にはイタリアを訪れ、古典美術を研究している。
通常印象派の画家の一員と見なされている。確かに彼は1874年以来、印象派展にはたびたび出品し(全8回の印象派展のうち、第7回展以外のすべてに参加)、1862年にマネと知り合ってからは「カフェ・ゲルボワ」の画家グループにも参加していた。しかし、光と影の変化をキャンヴァスに写し取ろうとしたモネのような典型的な印象派の画家たちと異なり、ドガの制作の基盤はあくまでもルネサンスの巨匠やアングルの画風にあった。古典的手法で現代の都会生活を描き出す事からドガは「現代生活の古典画家」と自らを位置付けた。

彼の作品には室内風景を描いたものが多い。野外の風景を描いたものは、競馬場など、人々の多く集まる場所に限られ、彼の関心の対象は徹底して都会生活とその中の人間であった。殊に踊り子と浴女を題材にした作品が多く、彼女らの一瞬見せた何気ない動作を永遠化する素描力は秀逸である。パステル画もよくした。また、晩年は視力の衰えた事もあり、踊り子などを題材とした彫刻作品も残している。(ウィキペディアよりの引用を含む)

ページトップへ