「フォリー=ベルジェール劇場のバー」

画寸 52 x 70 cm(フレームは含まない) 《原画同比率》
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
油絵用キャンバスに【高精細デジタルプリント】で原画の持つ微妙な色彩まで再現した高品質な複製画です。

「フォリー=ベルジェール劇場のバー」

価格:

57,750円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1882年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:96 x 130 cm ロンドン コートールド美術館蔵


!フレームもお忘れなく!

 (左はエルミタージュ・ゴールド)

当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由に選んで頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
フレームも忘れず、併せてご注文下さい。
豊富な種類からお選び頂けますので、きっと貴方のお気に入りの絵に相応しいものが見つかるでしょう。
フレーム選択ページへは上のフレーム写真をクリックして下さい。



エドゥアール・マネ(Edouard Manet, 1832年1月23日 - 1883年4月30日)

1832年、パリのブルジョワの家庭に生まれた。父は司法省の高級官僚であった。海外航路の船員となるが、1850年、18歳の時に画家になる事を決意し、当時のアカデミスムの大家、トマ・クーチュールに弟子入りする。1861年、サロン(官展)に『スペインの歌手』が初入選する。マネの画風はスペイン絵画やヴェネツィア派の影響を受けつつも、明快な色彩、立体感や遠近感の表現を抑えた平面的な処理などは、近代絵画の到来を告げるものである。

1863年の落選展に出品した『草上の昼食』は、戸外にいる正装の男性と裸体の女性を描いたことから、不道徳であるとして物議をかもした。しかし、さらに大きなスキャンダルとなったのは、2年後の1865年のサロンに展示された『オランピア』であった。この作品に描かれた女性は、部屋の雰囲気や道具立てなどから、明かに当時のフランスの娼婦である事が分かり、それが当時の人々の反感を買った。西洋絵画の歴史において裸婦像は数多く描かれてきたが、それらはあくまでもただの「裸婦」ではなく、ヴィーナス、ディアナなど神話の世界の「女神」たちの姿を描いたものであった。しかし、「草上の昼食」と「オランピア」に登場する裸婦は、当時のフランス社会に生きる生身の女性を裸体で描いたため、「不道徳」だとされたのである。
しかし、マネの絵画の抱える問題は、その様な社会的なものに留まらず、むしろ造形的な問題へと発展する。それまでの西洋絵画の伝統を踏襲しつつそれを解体する。写実主義から受け継いだ思想は、マネを「近代」の画家へと導いた。研究が高度に進んだ現代においても、最も謎を残す画家の一人である。なぜ彼がそれまでの伝統を打ち壊し、近代の画家となりえたのか。あるいは彼が描く絵画そのものに隠された謎のモチーフの数々の意味するところは何か(『草上の昼食』における蛙や鳥、『オランピア』における黒猫など)。これらの謎も、マネの大きな魅力の一つでもある。
(ウィキペディアよりの引用を含む)

ページトップへ