ラ・ベル・ダム・サン・メルシ

画寸 46 x 60 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 で原画の持つ色彩を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用していますのでいつまでも色褪せません。

ラ・ベル・ダム・サン・メルシ

価格:

52,500円 (税込) 128,300円 (税込)

商品:
価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1865年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ: x cm 、美術館蔵


当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。 各フレームの額巾や厚みなど詳細はお好みのフレーム画像をクリックしてご確認頂けます。



※ ラ・ベル・ダム・サン・メルシ のフレームはエルミタージュ・ゴールドをおすすめ致しております。



エルミタージュ
ゴールド
オルセー
ゴールド
インプレッション
ゴールド
クラシック
ゴールド
バロック
ゴールド
エルミタージュ・ゴールド オルセー・ゴールド インプレッション・ゴールド クラシック・ゴールド バロック・ゴールド
モダン
ゴールド
オランジュリー
ゴールド
ロココ
ゴールド
メトロポリタン
ゴールド
グラン
エルミタージュ
モダン・ゴールド オランジュリー・ゴールド ロココ・ゴールド メトロポリタン・ゴールド グラン・エルミタージュ

モマ・ブラック

モマ・ゴールド
パレス
ホワイト
シャトー
ブラウン
ウフィッツィ
ブラック
モマ・ブラック モマ・ゴールド パレス・ホワイト シャトー・ブラン ウフィッツィ・ブラック
ユーロ・ブラウン
《ライト》
ユーロ・ブラウン
《ダーク》
ユーロ・ブラウン《ライト》 ユーロ・ブラウン《ダーク》

ウォルター・クレイン(1845年8月15日 - 1915年3月14日)

絵画、イラストレーション、児童書、陶磁器タイル、その他多くの装飾芸術を制作し、アーツ・アンド・クラフツに深く関わった。
細密肖像画家のトーマス・クレインの次男としてリヴァプールに生まれた。早くからラファエル前派の影響を受けており、ジョン・ラスキンの信望者であった。13歳の時に著名な彫版師ウィリアム・ジェームズ・リントンに弟子入りし、3年間工房で働いた。14歳の時にはテニスンの『シャロットの姫』のカラーページを手がけ、師の認可を得ている。この工房で彼は同時代のダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ジョン・エヴァレット・ミレー、ジョン・テニエルや、イタリア・ルネッサンス美術の作品などを彫版し経験を積んだが、より深い影響を受けたのは大英博物館に収蔵されていたエルギン・マーブルであった。また彼は浮世絵を研究し、その技法を子供向けのトイ・ブックスに生かし新たな流行を生み出した。
1864年から1876年にかけて、クレインは彫版師エドムンド・エヴァンズと組んで三色刷りのトイ・ブックス(童謡やお伽話を扱った児童向け絵本)を多数制作し大きな成功を収めた。特に『カエルの王子さま』(1874年)から始まるシリーズには、画面構成や大胆な平塗りなど、浮世絵の影響が強く現れている。また1876年にはケイト・グリーナウェイやジョン・テニエルらと共同で挿絵本を制作している。
挿絵画家としてのクレインは、画面上で文章と絵・装飾とを調和させる事に腐心し、『幼子のオペラ』(1877年)『三つのRの物語』(1886年)などの作品はその後の児童向け絵本のデザインの基礎となった。この様な挿絵本のうち、友人であるジョン・ワイズの『5月1日:妖精の仮面劇』(1881年)ではグラビア印刷の技術が使われ、クレインの手がけた本の中でもひときわ美しい物となっている。またグリムの『家庭のメルヘン』(1882年)で使用されたガチョウ番の娘の絵は後にウィリアム・モリスがタペストリーに仕上げ、現在はヴィクトリア・アンド・アルバート美術館に収蔵されている。このほかワイルドの『幸福の王子、その他のお話』(1888年)、ホーソーンの『ワンダーブック』(1892年)、スペンサーの『妖精の女王』(1894年-1896年)など、クレインは数多くの挿絵本を手がけた。
1880年代よりウィリアム・モリスの影響から社会主義運動に関わり、彼と共に社会の全ての階層にデザインを浸透させようとした。この観点から彼は織物や壁紙、室内装飾などを手がける事に没頭し、また『ジャスティス』や『コモン・ウィール』などの社会主義者の組織の為に長期に渡り漫画を寄稿した他、美術家同盟(Art Workers Guild)や自身が設立したアーツ・アンド・クラフツ展示協会の為に精力的に活動した。
クレインは、「装飾芸術家は出来るだけ自然から離れて、自身の経験によって選び抜かれた形態を学ぶべきだ」という考えのもと、レリーフ、タイル、ステンドグラス、陶器、壁紙、織物などで数多くのデザインを手がけた。彼の作品の展示会は1891年にボンド・ストリートで行われたものを始め、クレイン自身によってアメリカでも開催され、後にドイツ、オーストリア及びスカンジナビアでも催された。また1898年から1899年にかけて刊行された彼の講義録は以後40年の間読まれ続け、当時の芸術家に多大な影響を及ぼした。ジョージ・フレデリック・ワッツによる有名なクレインの肖像画は1893年にノイエ・ギャラリーで展示されている。(ウィキペディア)

ページトップへ