サント・ヴィクトワール山

画寸 48 x 60 cm 〈原画同比率〉
油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 で原画の持つ微妙な色彩と質感を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。

サント・ヴィクトワール山

価格:

54,000円 (税込) 129,800円 (税込)

商品:
価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1882-85年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:65.4 x 81.6 cm ニューヨーク、メトロポリタン美術館蔵


当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
各フレームの額巾や厚みなど詳細はお好みのフレーム画像をクリックしてご確認頂けます。


※ この作品にはエルミタージュ・ゴールドをお薦めします。


エルミタージュ
ゴールド
オルセー
ゴールド
インプレッション
ゴールド
クラシック
ゴールド
バロック
ゴールド
エルミタージュ・ゴールド オルセー・ゴールド インプレッション・ゴールド クラシック・ゴールド バロック・ゴールド
モダン
ゴールド
オランジュリー
ゴールド
ロココ
ゴールド
メトロポリタン
ゴールド
グラン
エルミタージュ
モダン・ゴールド オランジュリー・ゴールド ロココ・ゴールド メトロポリタン・ゴールド グラン・エルミタージュ

モマ・ブラック

モマ・ゴールド
パレス
ホワイト
シャトー
ブラウン
ウフィッツィ
ブラック
モマ・ブラック モマ・ゴールド パレス・ホワイト シャトー・ブラン ウフィッツィ・ブラック
ユーロ・ブラウン
《ライト》
ユーロ・ブラウン
《ダーク》
ユーロ・ブラウン《ライト》 ユーロ・ブラウン《ダーク》

ポール・セザンヌ (1839年1月19日 - 1906年10月22日)

後期印象派の時期に活躍し、「近代絵画の父」として知られる。後進への手紙の中で「自然を円筒、球、円錐として捉えなさい」と書き、この言葉がのちのキュビスムに大きな影響を与えた。同時期の画家としてはゴッホやゴーギャンがいる。

裕福な銀行家の息子として南フランスのエクス=アン=プロヴァンスに生まれた。自然主義文学の代表的作家エミール・ゾラとは少年時代からの友人だった。
1862年、画家を志してパリに出る。ロマン主義のウジェーヌ・ドラクロワ、写実主義のギュスターヴ・クールベ、のちに印象派の父と呼ばれるエドゥアール・マネらから影響を受ける。「カフェ・ゲルボワ」の常連たち(後の「印象派」グループ)と知り合い、とくに9歳年長のカミーユ・ピサロと親しくなった。二人は1872年にはポントワーズで、1873年にはオーヴェル=シュル=オワーズでイーゼルを並べて制作した。

1874年の第1回印象派展に『首吊りの家』を出品し、以後第3回まで出品を続けた。初めてサロンに入選したのは43歳の時で(『画家の父』(1882年))、この時セザンヌは友人の審査委員に頼み込み、やっとの思いで入選を果たしたという。
1886年、ゾラの小説『制作』が自分を中傷していると感じ、ゾラと絶交した。同年、父親が亡くなったため遺産を相続し、内縁の妻と正式に結婚した。そして故郷に戻り、サント・ヴィクトワール山などをモチーフに絵画制作を続けた。経済的な不安はなかったものの、絵はなかなか理解されなかった。1895年、ヴォラールの画廊で初個展を開き、一部の若い画家たちから注目され始めた。

セザンヌは、時間と共に移ろう光を追いかけている印象派に不満だった。彼の「絵画は、堅固で自律的な再構築物であるべきである」という考え方は、続く20世紀美術に決定的な影響を与えた。作品は時間をかけて何度も描き直され、最初の構図を留めないものも多い。絵が完成する前にリンゴなどが干からびてしまう事も多かったという。
(ウィキペディア)

ページトップへ