フランス皇后、ジョセフィーヌ・タシェ・ド・ラ・パジュリ

画寸 70 x 46 cm 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 で原画の持つ微妙な色彩と質感を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。

フランス皇后、ジョセフィーヌ・タシェ・ド・ラ・パジュリ

価格:

57,240円 (税込) 133,040円 (税込)

商品:
価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1808年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ: x cm ニース、マッセナ宮殿蔵


当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
各フレームの額巾や厚みなど詳細はお好みのフレーム画像をクリックしてご確認頂けます。


※ この作品にはエルミタージュ・ゴールドをお薦めします。


エルミタージュ
ゴールド
オルセー
ゴールド
インプレッション
ゴールド
クラシック
ゴールド
バロック
ゴールド
エルミタージュ・ゴールド オルセー・ゴールド インプレッション・ゴールド クラシック・ゴールド バロック・ゴールド
モダン
ゴールド
オランジュリー
ゴールド
ロココ
ゴールド
メトロポリタン
ゴールド
グラン
エルミタージュ
モダン・ゴールド オランジュリー・ゴールド ロココ・ゴールド メトロポリタン・ゴールド グラン・エルミタージュ

モマ・ブラック

モマ・ゴールド
パレス
ホワイト
シャトー
ブラウン
ウフィッツィ
ブラック
モマ・ブラック モマ・ゴールド パレス・ホワイト シャトー・ブラン ウフィッツィ・ブラック
ユーロ・ブラウン
《ライト》
ユーロ・ブラウン
《ダーク》
ユーロ・ブラウン《ライト》 ユーロ・ブラウン《ダーク》

アントワーヌ=ジャン・グロ ( 1771年3月16日 - 1835年6月25日)

グロの父はミニアチュール画家で、息子が6歳になると絵を教え始めた。1785年の終わりになってグロは、自身で選んでジャック=ルイ・ダヴィッドの画房へ入った。ダヴィッドは本業と平行しコレージュ・マザラン(かつてのパリ大学のコレージュの一つ)の授業を受け持ち、頻繁に訪れていた。
フランス革命により環境が激変した事に当惑していた父親が死に、1791年にグロは自分の収入で生きていかなければならなくなった。彼は画業にすっかりのめり込み、1792年には展覧会に出品しグランプリを狙った(不発に終わる)。しかしこの頃には、エコール・デ・ボザールの推薦で、国民公会の肖像画制作の場に雇われたが革命の進行によりそれも破れ、彼は1793年にイタリアへ向けて発った。

彼はジェノヴァで、ミニアチュールを創作して生活した。そしてフィレンツェを訪れ、ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネの知遇を得てジェノヴァへ戻った。彼はジョゼフィーヌに連れられてミラノへ向かい、彼はそこで彼女の夫ナポレオン・ボナパルトに歓待された。
1796年11月15日、グロはナポレオンが橋上にフランスの国旗を揚げたアルコラ近郊にフランス軍と共にいた。グロはこの出来事に飛びつき、画家が自身の天職であると思い定める作品を仕上げたのである。ナポレオンは直ぐにグロにinspecteur aux revues(掠奪する美術品の評価監査員)の地位を与え、彼を軍に同行させる事にした。1797年にはルーヴル美術館に収蔵する戦利品を吟味する委員会に彼を任命した。

出世三部作
1799年、包囲されたジェノヴァから逃れてグロはパリへ戻った。1801年初頭、カプチン街に自分の部屋を持った。彼の『ナザレの戦い』のスケッチ画(現在ナント美術館蔵)に対して1802年に執政政府から賞金提供の申し出が為されたが実行に移されなかった。ナザレの騎兵戦で戦功をたてたジャン=アンドシュ・ジュノーをナポレオンが嫉妬した為と言われる。しかし、自身がヤッファのペスト患者の収容施設を見舞った際を描く様、命じてグロを保護した。グロはその『ヤッファのペスト患者たちを見舞うナポレオン』"Les Pestiférés de Jaffa" (ルーヴル美術館蔵、1804年)に続き、『アブキールの戦い』(ルーヴル美術館蔵、1806年)、『アイラウの戦い』(ルーヴル美術館蔵、1808年)を描き上げた。ブリタニカ百科事典第11版によれば、これらの3つの主題(つまり大衆の支持を得た指導者が不動の悪疫に直面する場面、勝利の素晴らしい瞬間へ挑戦する場面、激戦の苦い損失に心を痛める場面)が、グロに名声をもたらしたのである。

1804年のサロンで、グロは『ヤッファのペスト患者たちを見舞うナポレオン』でデビューした。この作品によって、彼は成功した画家としてスタートを切ったのである。この絵は、ヤッファで部下たちを見舞った時のナポレオンを描いたものである。ナポレオンはエジプト征服の試みが打ち砕かれた後に周辺国を荒らしたが、部下の兵士らがペストに罹患したのである。世評は、なぜ彼が訪問したのかで二分された。ナポレオンがヤッファで配下の兵士らを死なせて去るべきだったか、それとも感染の懼れのある場所を訪問した彼の品位を賞賛すべきだったか、である。絵はグロにとって重要なものだった。なぜなら、彼はナポレオンを主として肯定的に描いたからである。異国風の背景と最近起きた事件とを絵に描いた事でも、彼をして同時代の画家から抜きん出たものとしたのである。

ブリタニカ百科事典は、フランスの国民生活と軍事的要素が密接に結びついたままであった事が、彼に新鮮で活力に満ちたインスピレーションをもたらしたと指摘している。そのインスピレーションによって、彼は自身が描いた諸事件の核心部分に到達しえたのである。しかし一般庶民からかけ離れた軍隊と将軍から個人的な野心を満たす為だけにエピソードを再現する事を求められたグロは、自分の天性をさらに豊かにする必要性を探求するのを止めてしまった。そして彼の芸術的地位の欠陥は明らかとなっていった。生まれながらもつ手腕、彩色の生き生きとした効果をもたらす魅力、古典主義の流れに反するとみなされた色合いを持ちながら、古典主義派で修行した彼はその決まり事に束縛された。

1810年に発表された彼の絵画『マドリード』と『ピラミッドを前にするナポレオン』は、幸運の星が彼を見放した事をうかがわせた。グロの描いた『フランソワ1世と神聖ローマ皇帝カール5世』(1812年、ルーヴル美術館蔵)は相当な成功を収めたが、晩年に彼の初期の勢いと活力を見せた作品といえば、サント・ジュヌヴィエーヴ教会(後のパンテオン)ドームの装飾(1811年開始、1824年完成)だけであった。『ルイ18世の出発』、『アングレーム公爵夫人の乗船』、ルーヴル美術館の「エジプトの間」にある飾り天井、そして最後に彼の『ヘラクレスとディオメデス』が1835年に出展された。彼の恩師ダヴィッドがかつて言った様に、この絵はグロの努力だけを証明するものではあっても、ロマン主義台頭の中にあって、古典主義派に属する彼の昔勝ち得た輝かしい名声が傷つくだけに終わった。

再びブリタニカ百科事典へと戻る。『批判された事への苛立ち、そして失敗したという自覚から、グロは人生のさらに濃い喜びの中へ身を隠す場所を見いだした』。1835年6月25日、彼はセーヴル近郊のセーヌ川に身を投げ、溺死しているのを発見された。彼の帽子の中にあった一枚の紙には、こう書かれていた。"las de la vie, et trahi par les dernières facultés qui la lui rendaient supportable, il avait résolu de s’en défaire." (人生に疲れ、残った才能からも耐えうる批判からも、裏切られた。彼は全てを終わらせようと決意したのだ)。

グロは勲章を授けられ、1808年のサロンで『アイラウの戦い』を発表後、ナポレオンによって男爵位を授けられた。フランス復古王政になっても、彼はエコール・デ・ボザールの教師となり、協会の一員であり、サン・ミシェル騎士団の騎士(chevalier)であった。(ウィキペディアよりの引用を含む)

ページトップへ