ジャンヌ(春)

画寸 60 x 42 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用しています。

ジャンヌ(春)

価格:

54,000円 (税込) 129,800円 (税込)

商品:
価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1881年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:74 x 51.5 cm ロスアンゼルス、J.ポール・ゲッティ・ミュージアム蔵


当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。 各フレームの額巾や厚みなど詳細はお好みのフレーム画像をクリックしてご確認頂けます。



※ ジャンヌ(春) のフレームはエルミタージュ・ゴールードをおすすめ致しております。



エルミタージュ
ゴールド
オルセー
ゴールド
インプレッション
ゴールド
クラシック
ゴールド
バロック
ゴールド
エルミタージュ・ゴールド オルセー・ゴールド インプレッション・ゴールド クラシック・ゴールド バロック・ゴールド
モダン
ゴールド
オンジュリー
ゴールド
ロココ
ゴールド
メトロポリタン
ゴールド
グラン
エルミタージュ
モダン・ゴールド オランジュリー・ゴールド ロココ・ゴールド メトロポリタン・ゴールド グラン・エルミタージュ

モマ・ブラック

モマ・ゴールド
パレス
ホワイト
シャトー
ブラウン
ウフィツィ
ブラック
モマ・ブラック モマ・ゴールド パレス・ホワイト シャトー・ブラン ウフィッツィ・ブラック
ユーロ・ブラウン
《ライト》
ユーロ・ブラウン
《ダーク》
ユーロ・ブラウン《ライト》 ユーロ・ブラウン《ダーク》

エドゥアール・マネ(1832年1月23日 - 1883年4月30日)

1832年、パリのセーヌ川左岸の一角で対岸にルーブル宮殿を望むボナパルト街で、謹厳なブルジョワの家庭に3人兄弟の長男として生まれた。父は法務省の高級官僚でレジオンドヌール勲章も授与されており、母ウジェニーはストックホルム駐在の外交官フルエニ家の娘であった。1844年名門中学コレージュ・ロランに入学。この頃から画家になる事を考え始め、美術好きの伯父フルエニ大佐に連れられ、ルーブル美術館などで古典絵画作品に親しく接する。特にルイ・フィリップ国王がルーブル宮内に開設していた「スペイン絵画館」(1838〜48年)で、当時一般には余り知られていなかった17世紀スペイン絵画の真摯なリアリズムに触れ、決定的な影響を受ける。
1848年両親の意向で海軍兵学校を受験するも早々に落第。再試験を待つ間練習船に見習い船員となり、南アメリカへ半年間航海に出る。帰国後の翌年、再試験を受けるがまたもや失敗。両親はマネの希望を受け入れ、17歳の時に本格的に画家への道に邁進出来るようになった。翌1850年に当時のアカデミスムの大家、トマ・クーチュールに弟子入りし、1856年まで学んだ。この6年間、マネは精力的に過去の巨匠たちの作品を模写、研究した。1859年、初めてサロン(官展)に出品した『アブサンを飲む男』が落選したが、審査員を務めたドラクロワや、詩人のボードレールからは高く評価された。1861年、『スペインの歌手』と『オーギュスト・マネ夫妻の肖像』をサロンに出品し、2作とも初入選する。マネの画風は、ベラスケスを始めとするスペイン絵画やヴェネツィア派、17世紀のフランドル・オランダ絵画の影響を受けつつも、明快な色彩、立体感や遠近感の表現を抑えた平面的な処理などは、近代絵画の到来を告げるものである。
1870年代以降は、自らが示唆を与えた印象主義から逆に影響を受け、戸外での制作を積極的に行い、作風も印象派に特有の素早い筆致が目立つ様になった。ただし上記の通り、印象派展には一度も参加せず、あくまでも(芸術運動としての)印象派とは一定の距離を置き続けた。1878年から体調が不安定になり、1880年代に入ると左足が壊疽にかかり歩行困難となった。1882年、晩年の代表作である『フォリー・ベルジェールのバー』をサロンに出品した。翌1883年に左足を切断したが、同年4月30日に死去した。

『草上の昼食』と『オランピア』はいずれも激しいスキャンダルを巻き起こした作品として知られる。1863年の落選展に出品した『草上の昼食』は、戸外にいる正装の男性と裸体の女性を描いた事から、不道徳であるとして物議を醸した。しかし、さらに大きなスキャンダルとなったのは、2年後の1865年のサロンに展示された『オランピア』であった。この作品に描かれた女性は、部屋の雰囲気や道具立てなどから、明かに当時のフランスの娼婦である事が分かり、それが当時の人々の反感を買った。西洋絵画の歴史に於いて裸婦像は数多く描かれてきたが、それらはあくまでもただの「裸婦」ではなく、ヴィーナス、ディアナなど神話の世界の「女神」達の姿を描いたものであった。しかし、「草上の昼食」と「オランピア」に登場する裸婦は、当時のフランス社会に生きる生身の女性を裸体で描いた為、「不道徳」だとされたのである。しかし、マネの絵画の抱える問題は、その様な社会的なものに留まらず、むしろ造形的な問題へと発展する。マネは他の近代画家の大多数と異なり、古典絵画を非常に尊敬し、その伝統を踏襲しつつ、西洋絵画を解体していった。写実主義から受け継いだ思想は、マネを「近代」の画家へと導いた。研究が高度に進んだ現代に於いても、最も謎を残す画家の一人である。なぜ彼がそれまでの伝統を打ち壊し、近代の画家と為り得たのか。或いは彼が描く絵画そのものに隠された謎のモチーフの数々の意味する処は何か(『草上の昼食』に於ける蛙や鳥、『オランピア』に於ける黒猫など)。これらの謎も、マネの大きな魅力の一つでもある。

マネは画家仲間のみならず詩人、作家との交流もあり、近代詩人の祖であるシャルル・ボードレール、エミール・ゾラ、そしてステファヌ・マラルメなどと深い親交があった。ボードレールはエッチング、ゾラとマラルメは油彩による肖像画がマネによって描かれている。
クロード・モネとは、1866年のサロンにモネが出品した海景画がマネの作品と間違えられたのを切っ掛けに交際するようになった。マネは7歳年下の画家がもつ卓越した水の描写力をいち早く見抜き、モネを「水のラファエロ」と讃えている。また、ドガに描かれた室内画を「妻の顔が太りすぎている」という理由で一部を破り捨て、その後ドガとは一時険悪な関係になった。しかし、その喧嘩も長くは続かず、マネの死後ドガはその作品を数多く購入している。なおこの絵は現在、北九州市立美術館で見る事が出来る。女性画家エヴァ・ゴンザレスはマネに師事し、マネ唯一の弟子と言われる。 (ウィキペディア)

ページトップへ