ヴェロニカ・ヴェロネーゼ

画寸 60 x 48 cm 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 で原画の持つ色彩を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。

ヴェロニカ・ヴェロネーゼ

価格:

54,000円 (税込) 129,800円 (税込)

商品:
価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1872年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:109.2 x 88.9 cm アメリカ、デラウェア美術館蔵


当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
各フレームの額巾や厚みなど詳細はお好みのフレーム画像をクリックしてご確認頂けます。


※ この作品にはエルミタージュ・ゴールドをお薦めします。


エルミタージュ
ゴールド
オルセー
ゴールド
インプレッション
ゴールド
クラシック
ゴールド
バロック
ゴールド
エルミタージュ・ゴールド オルセー・ゴールド インプレッション・ゴールド クラシック・ゴールド バロック・ゴールド
モダン
ゴールド
オランジュリー
ゴールド
ロココ
ゴールド
メトロポリタン
ゴールド
グラン
エルミタージュ
モダン・ゴールド オランジュリー・ゴールド ロココ・ゴールド メトロポリタン・ゴールド グラン・エルミタージュ

モマ・ブラック

モマ・ゴールド
パレス
ホワイト
シャトー
ブラウン
ウフィッツィ
ブラック
モマ・ブラック モマ・ゴールド パレス・ホワイト シャトー・ブラン ウフィッツィ・ブラック
ユーロ・ブラウン
《ライト》
ユーロ・ブラウン
《ダーク》
ユーロ・ブラウン《ライト》 ユーロ・ブラウン《ダーク》

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(1828年5月12日−1882年4月10日)

詩人クリスティーナ・ロセッティの兄。
ロンドンでイタリア系移民の子として生まれる。父はナポリ出身の学者・詩人であった。息子のロセッティも詩をよくし、若い頃は文学と美術のどちらの方面へ進むかで迷ったという。1846年、ロンドンのロイヤル・アカデミー付属美術学校に入学。1848年、同校の学生であったウィリアム・ホルマン・ハント(1827年−1910年)、ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829年−1896年)らと共に「ラファエル前派」を結成した。
「ラファエル」とはイタリア・ルネサンスの巨匠であり、西洋古典絵画の代名詞とも言える画家ラファエロの事を指す。「ラファエル以前」という言葉には、当時(19世紀)のアカデミーにおける古典偏重の美術教育に異を唱える意味があった。ラファエル前派に思想的な面で影響を与えたのは、同時代の思想家であり美術批評家であったジョン・ラスキンであった。ラスキンの美術に関する考えは、一言で言えば「自然をありのままに再現すべきだ」という事であった。この思想の根幹には、神の創造物である自然に完全さを見出すというラスキンの信仰があった。しかし、明確な理論を持った芸術運動ではなかったラファエル前派は長続きせず、1853年にミレイがロイヤル・アカデミーの準会員になった事などをきっかけとして、数年後にはグループは解散した。なお、ロセッティの影響を大きく受けたエドワード・バーン=ジョーンズ(1833年-1898年)など、ヴィクトリア朝イギリスの画家たちを含めて広く「ラファエル前派」と捉える場合もある。
ロセッティは、他のラファエル前派の画家たち同様、聖書、伝説、文学などに題材を求めた作品を多く描いたが、技法的には仲間の他の画家たちの様な徹底した細密描写は得意でなかった。また、人物像の解剖学的把握にもやや難があり、全体として装飾的・耽美的な画面構成の作品が多い。
ロセッティの生涯はエリザベス・シダルとジェーン・バーデンという2人の女性と関連づけて述べられる事が多い。エリザベス・シダルは長い婚約期間の後、ロセッティの妻となった女性で、ロセッティの代表作の一つである『ベアタ・ベアトリクス』やJ.E.ミレイやハントの絵のモデルにもなっている、繊細で病弱な女性であった。一方のジェーン・バーデンは、19世紀イギリスの装飾芸術家・デザイナーとして著名なウィリアム・モリス(1834年−1896年)の妻となった女性であり、『プロセルピナ』を始めとするロセッティの多くの絵でモデルを務めている。ジェーンはロセッティが終生追い求めた理想の女性であったとされ、男を破滅に追いやる「ファム・ファタル」(運命の女)の一例とされている。
ロセッティがジェーン・バーデンに出会ったのは1857年、ウィリアム・モリスらの仲間と共に、ある壁画を制作中で、当時、ロセッティはエリザベス・シダルと婚約していたが、ロセッティとジェーンは互いに惹かれるものがあった様で、以後、ロセッティの作品にはしばしばジェーンがモデルとして登場する様になる。病気がちで繊細な女性だったとされるエリザベス・シダルにとって、ジェーンの存在は激しい心痛の種となった。結局、ジェーンはロセッティの弟子にあたるウィリアム・モリスと結婚し、ロセッティは婚約者のエリザベスと予定どおり結婚した。しかし、これら二組のカップル共に結婚生活は幸福でなく、ロセッティの人妻ジェーンに対する思慕は止む事は無かったと言われる。冷え切った夫婦関係に心を痛めたエリザベスは薬(クロラ−ルという鎮痛麻酔剤の一種)に溺れるようになり、結婚2年目のある日、大量の薬を服用して自殺同然の死を遂げた。ロセッティはその後も絵画制作を続け、世間的な成功は得たものの、人妻への思慕と自分の妻への罪悪感にさいなまれて次第に心身を病み、1872年には自殺を図った事もあった。晩年は酒と薬に溺れる生活で、不眠症の為、真夜中にろうそくの灯りで絵を描いていたという。1882年、ケント州バーチントンで失意のうちに54歳の生涯を終えた。(ウィキペディア)

ページトップへ