イディス・シーレの肖像

画寸 70 x 43 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用しています。

イディス・シーレの肖像

価格:

57,240円 (税込) 133,040円 (税込)

商品:
価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1915年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:180.2 x 110.1 cm オランダ、ハーグ市立美術館蔵


当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。 各フレームの額巾や厚みなど詳細はお好みのフレーム画像をクリックしてご確認頂けます。



※イディス・シーレの肖像のフレームはエルミタージュ・ゴールードをおすすめ致しております。



エルミタージュ
ゴールド
オルセー
ゴールド
インプレッション
ゴールド
クラシック
ゴールド
バロック
ゴールド
エルミタージュ・ゴールド オルセー・ゴールド インプレッション・ゴールド クラシック・ゴールド バロック・ゴールド
モダン
ゴールド
オンジュリー
ゴールド
ロココ
ゴールド
メトロポリタン
ゴールド
グラン
エルミタージュ
モダン・ゴールド オランジュリー・ゴールド ロココ・ゴールド メトロポリタン・ゴールド グラン・エルミタージュ

モマ・ブラック

モマ・ゴールド
パレス
ホワイト
シャトー
ブラウン
ウフィツィ
ブラック
モマ・ブラック モマ・ゴールド パレス・ホワイト シャトー・ブラン ウフィッツィ・ブラック
ユーロ・ブラウン
《ライト》
ユーロ・ブラウン
《ダーク》
ユーロ・ブラウン《ライト》 ユーロ・ブラウン《ダーク》

エゴン・シーレ(1890年6月12日 - 1918年10月31日)は、20世紀初め頃のオーストリアの画家。エーゴン・シーレとも。

当時盛んだったグスタフ・クリムトらのウィーン分離派、象徴派、オスカー・ココシュカに代表される表現主義のいずれにも属さず、独自の芸術を追求した。 1890年、ウィーンに近いトゥルンという町に生まれた。二人の姉がいたが長姉は10歳で早世している。シーレの4つ下には、後にモデルとして作品にしばしば登場する事になる妹ゲルトルーデ(愛称ゲルティ)がいた。
1906年、ウィーン美術アカデミーに入学し、アカデミックな美術教育を受ける。翌1907年にはクリムトと知り合っている。美術アカデミーの保守的な教育方針はシーレの肌に合わず1909年、仲間たちと共に退学した。1911年、それまでクリムトのモデルを務めていた、ヴァリ・ノイツェルという当時十代の女性をクリムトから紹介される。ヴァリという女性はその素性が不明であるが、1911年からほぼ4年間にわたりシーレと同棲生活を送り、『死と少女』を始めとする多くの作品のモデルとなっている。
1912年、ヴァリと共にノイレングバッハに住んでいたシーレは、未成年者誘拐並びに猥褻図画を未成年者に見せた罪で、24日間拘留されている。シーレ自身の手記によれば、彼は家出少女を2晩ほど匿ったのみで、何らやましい事は無いと言っているが、真相は明らかでない。
1915年、シーレはヴァリと別れ、エディット・ハルムスという女性と結婚する。1916年から1917年にかけて軍務に服するが、上官の理解を得て、軍役の間も絵を描く事を許された。1918年、第49回ウィーン分離派展に出品した作品は高い評価を得、ようやく画家としての地位を確立しようとしていた矢先、当時ヨーロッパに流行していたインフルエンザ(いわゆるスペイン風邪)であっけなく死去した。28歳の若さであった。なお、妊娠中であった妻のエディットはシーレの死の僅か3日前に同じ病で没している。
28歳年長の画家クリムトとは師弟というよりは生涯を通じた友人という関係にあった(両者はたまたま同じ年に没している)。エロスが作品の重要な要素になっている点はシーレとクリムトに共通しているが、作風の面では両者はむしろ対照的である。
世紀末の妖しい美をたたえた女性像を描き、金色を多用した装飾的な画面を創造したクリムトは「表現対象としての自分自身には興味がない」として自画像を殆ど残さなかった。 これに対して、シーレの関心は何処までも自分の内部へと向かい、多くの自画像を残した。自画像を含むシーレの人物像の多くは激しくデフォルメされ、身をよじり、内面の苦悩や欲望を剥き出しにしている。自慰に耽る自画像、陰部をあからさまに露出した女性像などの大胆な表現は21世紀の今日の鑑賞者にも驚きを与える。確かなデッサン力に裏付けられたシーレの作品の価値が国際的に評価される様になるのは、20世紀後半になってからであった。
日本では1979年の回顧展がきっかけとなって、展覧会や出版物でシーレがたびたび紹介されるようになった。(ウィキペディアよりの引用を含む)

ページトップへ