牛乳を注ぐ女 〈原画同寸〉 在庫あり 最短5営業日で発送可能!

画寸 45.5 x 41 cm (フレームは含まない) 〈原画同寸〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 で原画の持つ色彩を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用しています。

牛乳を注ぐ女 〈原画同寸〉 在庫あり 最短5営業日で発送可能!

価格:

45,360円 (税込) 121,160円 (税込)

商品:
価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1658年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:45.5 x 41 cm オランダ、アムステルダム国立美術館蔵


当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。 各フレームの額巾や厚みなど詳細はお好みのフレーム画像をクリックしてご確認頂けます。



※ 牛乳を注ぐ女  〈原画同寸〉のフレームはエルミタージュ・ゴールドをおすすめ致しております。



エルミタージュ
ゴールド
オルセー
ゴールド
インプレッション
ゴールド
クラシック
ゴールド
バロック
ゴールド
エルミタージュ・ゴールド オルセー・ゴールド インプレッション・ゴールド クラシック・ゴールド バロック・ゴールド
モダン
ゴールド
オランジュリー
ゴールド
ロココ
ゴールド
メトロポリタン
ゴールド
グラン
エルミタージュ
モダン・ゴールド オランジュリー・ゴールド ロココ・ゴールド メトロポリタン・ゴールド グラン・エルミタージュ

モマ・ブラック

モマ・ゴールド
パレス
ホワイト
シャトー
ブラウン
ウフィッツィ
ブラック
モマ・ブラック モマ・ゴールド パレス・ホワイト シャトー・ブラン ウフィッツィ・ブラック
ユーロ・ブラウン
《ライト》
ユーロ・ブラウン
《ダーク》
ユーロ・ブラウン《ライト》 ユーロ・ブラウン《ダーク》

ヨハネス・フェルメール(1632年10月31日-1675年12月15日)

17世紀にオランダで活躍した風俗画家。レンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表する画家とされる。生涯の殆どを故郷デルフトで過ごした。


最も初期の作品の一つ「マリアとマルタの家のキリスト」(1654-55頃)にみられる様に、彼は初め物語画家として出発したが、やがて1656年の年記のある「取り持ち女」の頃から風俗画家へと転向していく。 静謐で写実的な迫真性のある画面は、綿密な空間構成と巧みな光と質感の表現に支えられている。

現存する作品点数は、研究者によって異同はあるものの33〜36点と少ない。このほか記録にのみ残っている作品が少なくとも10点はあるが、記録に残っていない作品を勘案しても22年の画歴に比してやはり寡作というべきだろう。


人物など作品の中心をなす部分は精密に書き込まれた濃厚な描写になっているのに対し、周辺の事物はあっさりとした描写になっており、生々しい筆のタッチを見る事が出来る。この対比によって、見る者の視点を主題に集中させ、画面に緊張感を与えている。「レースを編む女」の糸屑の塊、「ヴァージナルの前に立つ女」の床の模様などが典型的な例として挙げられる。
フェルメールは、描画の参考とする為、「カメラオブスキュラ」という一種の針穴写真機を用いていたらしい。これにより、正確な遠近法を可能にしている。

少女の髪や耳飾が窓から差し込む光を反射して輝くところを明るい絵具の点で表現している。 この技法はポワンティエ(pointillé)と呼ばれ、フェルメールの作品に於ける特徴の1つに挙げられる。


また、フェルメールの絵に見られる鮮やかな青は、「フェルメール・ブルー」とも呼ばれる。この青は、天然「ウルトラマリンブルー」という絵の具で、「ラピスラズリ」という非常に貴重な鉱石を原材料としている。ラピスラズリは、17世紀には金よりも貴重であったと言われ、「天空の破片」とも呼ばれた。ラピスラズリを非常に細かく砕き、乳鉢で磨り潰して粉末状にした物を溶液に溶かし、上澄みを捨てて純化し、それを植物油脂で溶く事に依り、「ウルトラマリンブルー」は生成される。ラピスラズリから作られるウルトラマリンブルーは、通常の青い絵の具の百倍の値段がついたとされ、マリアのマントなど限られた部分にしか使われない貴重な絵の具であった。しかし、フェルメールはこのウルトラマリンブルーをふんだんに、しかも巧みに使った。例えば、ドレスの下地にまで用いている。当時の常識としては、考えられない使用法である。フェルメールが亡くなった時、多額の借金があったと言われるが、或いはこの様な高価な画材でさえも躊躇なく使ったその拘りが、借金の原因の一つだったのかも知れない。(ウィキペディアより)

ページトップへ