忘れえぬ女 在庫あり 最短4営業日で発送!

画寸 46 x 60 cm (フレームは含まない) 〈原画同比率〉
油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 で原画の持つ微妙な色彩と質感を再現した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。

忘れえぬ女 在庫あり 最短4営業日で発送!

価格:

55,000円 (税込) 132,204円 (税込)

商品:
価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1883年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:75.5 x 99 cm モスクワ、トレチャコフ美術館蔵


当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。 各フレームの額巾や厚みなど詳細はお好みのフレーム画像をクリックしてご確認頂けます。



※ 忘れえぬ女 のフレームはエルミタージュ・ゴールドをおすすめ致します。



エルミタージュ
ゴールド
オルセー
ゴールド
インプレッション
ゴールド
クラシック
ゴールド
バロック
ゴールド
エルミタージュ・ゴールド オルセー・ゴールド インプレッション・ゴールド クラシック・ゴールド バロック・ゴールド
モダン
ゴールド
オランジュリー
ゴールド
ロココ
ゴールド
メトロポリタン
ゴールド
グラン
エルミタージュ
モダン・ゴールド オランジュリー・ゴールド ロココ・ゴールド メトロポリタン・ゴールド グラン・エルミタージュ

モマ・ブラック

モマ・ゴールド
パレス
ホワイト
シャトー
ブラウン
ウフッィツィ
ブラック
モマ・ブラック モマ・ゴールド パレス・ホワイト シャトー・ブラン ウフィッツィ・ブラック
ユーロ・ブラウン
《ライト》
ユーロ・ブラウン
《ダーク》
ユーロ・ブラウン《ライト》 ユーロ・ブラウン《ダーク》

イワン・ニコラーイェヴィチ・クラムスコイ(1837年5月27日(グレゴリオ暦6月8日) - 1887年3月24日(グレゴリオ暦4月5日))

ロシアの画家・美術評論家。1860年から約20年に渡って移動派の知的・精神的な指導者であり続けた。
貧しい小市民階級の出身。1857年から1863年までペテルブルク美術アカデミーに学ぶ。官製美術に反撥し、「14人の叛乱」の首謀者としてアカデミーから放校処分に付されるが、その仲間と共に「美術家組合 "Артель художников"」を組織する。
帝政ロシアの民主化を求める革命家の理想に感化され、クラムスコイは芸術家の公共への高邁な義務や、写実主義の原理、倫理的な内容および芸術の民族性について具体的な説明を開陳した。また、「移動展覧会協会」(もしくは「移動派」)の主要な創設メンバーの一人であり、その理想主義者であった。

クラムスコイはまた画家について、預言者であり「人々の前に鏡を置き、その鏡を見て彼らを不安にさせる」使命を持つと捉えていた。1863年から1868年まで、実用芸術奨励協会・絵画教室の教員となる。画廊を設けて、ロシア最大の作家や知識人・芸術家など、公人の肖像画を展示した(1873年作のレフ・トルストイ像およびイワン・シーシキン像、1876年作のパーヴェル・トレチャコフ像、1879年のミハイル・サルトゥイコフ=シチェドリン像ならびに1880年のセルゲイ・ボトキン像)。これらの作品では、構図の味わい深い単純さと、図像の明快さが、心理学的な深い洞察という特色の主柱となっている。クラムスコイの民主的な目線は、庶民の描写に輝きを見出し、描き出された庶民の肖像は、民衆の中の個人の、実直さという宝物や内面的な美しさを映し出している。

代表作は「曠野のイイスス・ハリストス(イエス・キリスト)」(1872年、トレチャコフ美術館蔵)である。クラムスコイは、アレクサンドル・イワーノフの人道主義の伝統を持続させつつ、倫理的・哲学的な案によって宗教的な趣向を取り扱っている。イエス・キリストの経験を、非常に心理学的かつ決定的に――すなわち英雄的な自己犠牲という観念として――解釈しているのである。
クラムスコイは、イデオロギー的な視覚芸術をさらに擁護しようと切望して、肖像画と主題性のある絵画作品との境界上に値する美術を創り出した(「『最後の詩』の頃のネクラーソフ (И.Н. Некрасов в период "Последних песен")」[1877年-78年]、「見知らぬ女」[1883年]、「遣る瀬ない悲しみ」[1884年])。それぞれの絵ごとに異なるのは、複雑な偽らざる衝動、人物、運命をいかに表出するかという関心である。 美術における民主志向や、美術についての鋭い判断、客観的かつ公的な芸術の評価基準についてのクラムスコイの粘り強い探究心は、19世紀後半のロシアにおける民主主義的な芸術や芸術理念の展開に、本質的な影響をもたらしたのだった。(ウィキペディアより)

ページトップへ