テムズ川から見たウィンザー城

画寸 44 x 60 cm 〈原画同比率〉

油絵用キャンバスに 【高精細デジタルプリント】 した高品質な複製画です。
複製に使用するマスター画像はこの作品を所蔵している美術館、または版権所有者からの最高品位のものです。
耐光性に優れた顔料インクを使用しています。

テムズ川から見たウィンザー城

価格:

55,000円 (税込) 132,204円 (税込)

商品:
価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

お好きな大きさでの御注文も可能です。
御希望の大きさ(絵画部分)とお好きなフレームを右上の「この商品について問い合わせる」フォーム(SSL対応)からお知らせ下さい。折り返し見積もりを返信させて頂きます。

1805年 キャンバスに油彩 オリジナル・サイズ:85.7 x 122 cm 、美術館蔵


当ギャラリーではお好きなフレーム(額縁)を自由にお選び頂ける様、別売方式とさせて頂いております。
各フレームの額巾や厚みなど詳細はお好みのフレーム画像をクリックしてご確認頂けます。


※ この作品にはエルミタージュ・ゴールドをお薦めします。


エルミタージュ
ゴールド
オルセー
ゴールド
インプレッション
ゴールド
クラシック
ゴールド
バロック
ゴールド
エルミタージュ・ゴールド オルセー・ゴールド インプレッション・ゴールド クラシック・ゴールド バロック・ゴールド
モダン
ゴールド
オランジュリー
ゴールド
ロココ
ゴールド
メトロポリタン
ゴールド
グラン
エルミタージュ
モダン・ゴールド オランジュリー・ゴールド ロココ・ゴールド メトロポリタン・ゴールド グラン・エルミタージュ

モマ・ブラック

モマ・ゴールド
パレス
ホワイト
シャトー
ブラウン
ウフィッツィ
ブラック
モマ・ブラック モマ・ゴールド パレス・ホワイト シャトー・ブラン ウフィッツィ・ブラック
ユーロ・ブラウン
《ライト》
ユーロ・ブラウン
《ダーク》
ユーロ・ブラウン《ライト》 ユーロ・ブラウン《ダーク》

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775年4月23日 - 1851年12月19日)

13歳の時、風景画家トーマス・マートンに弟子入りし、絵画の基礎を学んだ。当時の「風景画家」の仕事は、特定の場所の風景を念入りに再現した「名所絵」の様な作品を制作する事であった。マートンの元で1年ほど修業した後、ロイヤル・アカデミー附属美術学校に入学。1797年にはロイヤル・アカデミーに油彩画を初出品し、1799年には24歳の若さでロイヤル・アカデミー準会員となり、1802年、27歳の時には同・正会員となっている。

初期のターナーはアカデミー受けのする、写実的な風景を描いていた。アカデミー準会員となって以降、約20年間は有力なパトロンに恵まれ、批評家のラスキンからも好意的に評価されるなど、画家として順調な歩みを続けた。『カレーの桟橋』(1803年)、『アルプスを越えるハンニバルとその軍勢』(1812年)などはこの時期の作品で、ロマン主義的な大気、光、雲の劇的な表現が特色である。

転機となったのは、1819年、44歳の時のイタリア旅行であった。ルネサンス期以来、長らく西洋美術の中心地であったイタリアへ行く事は、イギリスの様な北方の国の画家たちにとっての憧れであり、ターナーもその例外ではなかった。イタリアの明るい陽光と色彩に魅せられたターナーは、特にヴェネツィアの街をこよなく愛し、その後も何度もこの街を訪れ、多くのスケッチを残している。イタリア旅行後の作品は、画面における大気と光の効果を追求することに主眼がおかれ、その為にしばしば描かれている事物の形態は曖昧になり、殆ど抽象に近づいている作品もある。

1842年に制作された『吹雪-港の沖合の蒸気船』では蒸気船はぼんやりとした塊に過ぎず、巨大な波、水しぶき、吹雪といった自然の巨大なエネルギーを描き出している。印象派を30年も先取りした先駆的な作品であったが、発表当時は石鹸水と水漆喰で描かれたなどと酷評された。この作品を制作するために、ターナーはマストに4時間も縛りつけられ、嵐を観察したという逸話が残っている。

ターナーは手元にあった主要作品を全て国家に遺贈した為、彼の作品の多くはロンドンのテート・ギャラリーで見る事が出来る。(ウィキペディア)

ページトップへ